斉藤歯科 斉藤顕裕 様

斉藤歯科 斉藤顕裕

新型コロナウイルス感染症は高齢者や基礎疾患がある方はとくに重症化しやすいことが明らかになってきております。自分自身を守るために手洗いを中心とする予防が必要です。では口腔ケアによる予防はと言いますと先ずは口腔内を衛生的に保つということが大事なのことではないでしょうか。口腔内の細菌が多い人はインフルエンザなどにかかりやすく重篤化しやすいことが報告されています。口腔内慢性感染症患者や口腔清掃のままならない高齢者などの口腔内の細菌の数は数千億個にもなります。そのため歯垢や歯石・舌苔などがあると細菌が増殖して虫歯になったり歯周病など重症化しやすくなります。また高齢者でも特に在宅で介護が必要な方また介護施設に入られている方の口腔内の衛生状態が低下してしまうと誤嚥性肺炎の発症などのリスクが生じます。たかがお口の中のことだけではなく身体全体に関わってくることなのです。お口を清潔にして少しでもこういったリスクを回避できるようにしていただきたいと思います。ご自分だけでは落としきれない汚れなどやはりかかりつけ医院に診てもらうことも大切です。歯科医療機関にかかるにあたってご心配な方もいらっしゃると思います。各歯科医院では今回の新型コロナウイルス以前から感染予防対策はしっかりしております。歯科診療における感染リスクは常日頃から高いのです。そのためグローブ・マスクは当然のことフェースガードやアルコール系擦式手指の消毒・患者さんごとの使用器具の滅菌・使い捨て紙コップやエプロンなど当たり前の予防策が取られております。また今回のことで新たに待合室・診療室の頻繫な換気や余裕を持った予約の取り方で患者さんが重ならないようになど取り組んでおります。こういったことだけではなくご心配な方はかかりつけの歯科医院にご相談されるとよろしいかと思います。ご自身でできる口腔予防はご自分でできる方は食後の歯磨きや義歯の洗浄または介助が必要な方は介助する方が口腔ケアをしっかりしてあげることを心掛けていくことが大切です。

Q1 丁寧な歯磨きはコロナ対策になりますか?

お口のケアをしっかりと行っている人はウイルス感染を起こしにくくなるということが  わかってきています口腔ケアでお口の細菌をコントロールすことによりウイルスが体内の細胞に侵入しにくくなるというもです丁寧な歯磨きや義歯のある方は義歯洗浄をしっかりとまたできればうがい薬(イソジンやネオステリンなど)でガラガラうがいをするということは感染リスクを下げると言われています口腔内を清潔にすることは対策の1つではないでしょうか

Q2 よく噛むことはコロナウイルス対策につながりますか

食事の際よく噛むと唾液の分泌がよくなり唾液がたくさん出るようになります。唾液は細菌の

増殖を抑えたり飲食により溶けかかった歯面の修復をしたり他にもいろいろな働き持っています。このような働きにより虫歯や歯周病から歯を守ってくれます。また噛むことで脳への

血流が増加して働きを活発にするため老化防止にもなります。このような時だからこそ

噛める方は意識して少し歯ごたえのある物を選んで食事をしっかりとって免疫力を低下させないようによく噛んで栄養をとることも対策につながるのではないでしょうか。

 

 

関連記事